kourakuen_niju-syunen_news

第3話「アサヒビール工場にやってきた!」

「レポーター紹介」ギョーザニスト松崎成吉さん「1日置きにギョーザを食べます!」。フリーキャスター今泉静香さん「福島在住です!」。


今泉「さあ、やって来ました! アサヒビール福島工場です!」
松崎「幸楽苑のビールがなんでギョーザとよく合うのか、徹底的 に調べましょう」


ガイド「こんにちは。ビールのことなら、なんでも聞いてくださいね」


ガイド「こちらはビールの原料です。ビール大麦、ホップ、水の3種類ですね」
松崎「お、実際に原料に触れるんですか」
今泉「う~ん、ホップっていい香り~!」


ガイド「さて、突然ですがここで問題! 350mlの缶ビールを1缶作るのに、ホップは何個くらい必要でしょうか?」

1「75〜79℃」2「80〜84℃」3「85℃以上」
今泉「え、ガイドさんもクイズ好きなの? じゃあ、②かな。ラッキーセブンだし!」
松崎「いやいや、これは①でしょう」


ガイド「松崎さん、正解です! 6個のホップと、片手で山盛りひとすくいのビール大麦で缶ビール1缶分作れるんです」


ガイド「それでは、正解した松崎さんにはビールの試飲を楽しんでいただきます」
今泉「え、私は~!?」
ガイド・松崎「もちろん、おあずけです」

第4話「やっぱりギョーザにはビール!」につづく

  • 第1話をみる
  • 第2話をみる
  • 第3話
  • 第4話をみる

ビール豆知識1 ホップの香りには、安眠を促す効果や、女性ホルモンを活性化させる効果があるといわれている。

※幸楽苑では、お車を運転してお帰りになるお客様および未成年者への酒類の提供は行っておりません。